和信ペイント 水性ウレタンニス ローズ 0.7L #941707 ニス、ステイン
和信ペイント 水性ウレタンニス ローズ 0.7L #941707 ニス、ステイン
kg-maido_fku-9027256-1234-iN3
3,258円 5,012円
和信ペイント 水性ウレタンニス ローズ 0.7L #941707|kg-maido|02
  • 和信ペイント 水性ウレタンニス ローズ 0.7L #941707|kg-maido|03

    【メーカー】
    ●和信ペイント(株)

    【特長】
    ●食品衛生法に適合しているので、菓子皿や箸などの食器にも使用できます。また、お子様の玩具や食卓にもおすすめです。
    (※完全に乾いていることが条件になります。完成後、7〜10日ほど乾燥期間を取って下さい。)

    ※メーカー製品にある「食品衛生法適合」の表記は、水温60℃・試験時間30分の条件で、溶出する指定有害物質が規定量以下であることを意味しています。
    作品を常温で使用することを想定しておりますので、塗装容器を煮沸するなど、想定を超える使い方をすると適合数値を外れる場合があります。
    (食品衛生法 厚生省告示第370号 合成樹脂一般規格適合)

    【仕様】
    ●品番:#941707
    ●色:ローズ
    ●サイズ(横×縦×高さ):125×114×123mm
    ●重量:0.9kg
    ●内容量:0.7L
    ●塗り面積:約8m'
    ●塗り面積(畳の枚数):約5枚
    ※塗面積は、2回塗りした場合の目安です。
    ●乾燥時間:約90分/20℃
    ●うすめ液:水(原液のままでも使用できます。)
    ●ホルムアルデヒド放散等級:F☆☆☆☆
    ●水性ウレタン系エマルション塗料


  • 日本登山大系普及版 9:南アルプス » 琉球ガラスとは?

    和信ペイント 水性ウレタンニス ローズ 0.7L #941707 ニス、ステイン

    琉球ガラスは、吹きガラス工芸で"宙吹き法"、"型吹き法"により、4~5人のグループで製作される手作りガラスです。


    琉球ガラスの歴史


    沖縄での吹きガラス製造は、明治時代に長崎や大阪からやってきたガラス職人によって伝えられ、薬瓶やランプのほや等の生活用品が作られたのが始まりとされています。

    戦後、駐留米軍が使用したコーラやビールの色つきガラス瓶を再生して、彼ら向けにガラスを作っていた歴史を背景に、本来ならば不良品扱いとなっていた"気泡"や"厚み"も、アメリカナイズされた「一風変わった素朴なデザイン」として活かされ、そこから沖縄独自のガラス文化が誕生しました。

    現在の琉球ガラスは、原料や技法も格段に進化を遂げ、平成10年には沖縄県の伝統工芸品に認定されました。沖縄を代表する伝統工芸品、また、暮らしの中に溶け込む芸術品として、沖縄とともに日々発展し続けています。


    琉球ガラスの原料


    「ソーダ石灰ガラス」である琉球ガラスは、「珪砂(けいしゃ)」と呼ばれる砂を主原料に、「ソーダ灰」や「石灰」などを調合して作られています。さらに、製造工程でできるガラス・カレット(ガラスの断片)も、大切な原料の一つとして、調合した原料と混ぜ合わせて再生利用しています。

    ソーダ石灰ガラスの原料割合

    熔解窯の坩堝(るつぼ)の中に投入された原料は、1,400℃の高熱で一晩かけて完全に熔解され、ガラスの素地となります。この後、素地を必要なかたちに成型するとガラス製品になります。

    「琉球ガラス村グループ」では、琉球ガラスならではの美しい色彩を生み出すために、自社に調合室を設け、徹底した品質管理のもとで独自の調合を行っています。ベトナム・ハノイ工場でも、沖縄から派遣された専門の調合士が、責任を持って色作りに励んでいます。


    和信ペイント 水性ウレタンニス ローズ 0.7L #941707 ニス、ステイン


    琉球ガラスの基本の色は、オレンジ・茶・緑・水色・青・紫の6色です。基本の色以外にも、調合によりピンクや黄色、黒など、濃淡を含め、様々な色を作ることができます。

    青一酸化コバルト
    水色酸化銅
    ASOH(アソー) エーチェック SUS製チェックバルブ 内ネジ×内ネジ型 Rc1/4 AS8022
    茶・黄・橙硫黄
    カクダイ 624-072(水栓柱・80角) + 624-925(水栓柱パン) セット
    赤セレン

    昔は、コーラやジュースの空き瓶を溶かして瓶の色をそのまま利用していましたが、現在では、基本となる3種類の原料に、着色剤を調合して、沖縄をイメージした鮮やかな色彩を生み出しています。

    【着色法】
    原料を調合する段階で、色を出す金属酸化物を混入し、溶かして発色させます。


    琉球ガラスの泡


    溶解窯の坩堝の中で水あめ状に溶けているガラスの素地に、炭酸水素ナトリウム(重曹)を加えて撹拌(かくはん)します。すると無数の細かい気泡が現れ、光を乱反射してガラスを白く見せます。窯の中の泡は時間が経つにつれ、炭酸飲料の炭酸が抜けるように少しずつ薄くなっていきます。

    泡ガラスは、器全体の彩りにはもちろん、透明のガラスの上にデザインのポイントとして使われる事も多く、気泡がもたらす柔らかな印象は、暖かさや安心感を与えてくれる琉球ガラスの大きな特徴の一つです。


    琉球ガラスの基本的な
    製造工程


    琉球ガラスの主な成形技法の「吹きガラス工法」には、空中で吹く丸型が基本形の「宙吹き法」と、四角・三角・凸凹等の型の中に柔らかいガラスを入れて吹く「型吹き法」(型の種類は、金型・木型・石膏型等)の2種類があります。

    製造工程

    • 調合
    • »
    • (まとめ)白元アース 使い切りトイレ3点セット(1回分)(×50セット)〔沖縄離島発送不可〕
    • »
    • 成形
    • 京セラ チップTBZ04946 TPGB110308T00815ME
    • 除冷
    • Kestrel 5500AG 農業用天気計。 Standard Non-LiNK グリーン
    • 検品

    製品の形によって、「吹きガラス工法」以外にも、熔かしたガラスを鉄板(型)に押しつける「押し込み(押し型)成形」、「フチ起こし成形」等の様々な技法が用いられます。このページでは、琉球ガラス製品に最も多く用いられる「吹きガラス工法」をご紹介します。


    STEP.1
    調合

    調合士が色別に原料を調合します。

    STEP.2
    溶解

    調合した原料を、約1,300℃の耐火粘土製の坩堝(るつぼ)に入れ、一晩かけてガラスを熔かします。


    STEP.3
    成形
    • (1)調合士が色別に原料を調合します。
    • (2)巻き取ったガラスを、リンで丸く形を整え、小さな下玉を作ります。
    • (3)下玉にさらにガラスを巻いて、色や形を整えながら必要な大きさにします。

    • (4)宙吹き法、型吹き法のいずれかの方法で息を吹き込み膨らませ、基本の形に成形します。オリジナルグラス作り体験では、型吹き法を体験できます。
    • (5)吹き棹に近い部分のガラスが柔らかいうちに、口になる部分に切り離すためのくぼみを洋バシで入れ、底の部分の形をグラグラしないように整えます。
    • TFR-1401-RE-BK-XS TFR-1401 トゥエンティ・フォー・セブン カスタムレザース 24/7 Custom Leathers レインスーツ 赤/黒 XSサイズ JP店

    • クレシア テクノワイプ N150−SS【品番:63440】
    • (8)軟らかくなったガラスの口の部分をハサミや洋バシで広げて仕上げます。オリジナルグラス作り体験では、でこぼこグラスの仕上げを体験できます。
    • カラ ココナッツクリーム 65ml×3P 12セット 483〔代引き不可〕 トレード

    STEP.4
    徐冷

    急激な温度変化によるガラス製品の損傷を避けるため、約600℃の徐冷窯に入れ、一晩かけて常温まで徐々に冷まします。

    STEP.5
    女性用の2つのハンドルを備えたファッショナブルなハンドバッグとクラッチバッグ,印刷されたショルダーストラップ,財布,新しいコレクション2021

    翌朝、徐冷窯から取り出し、水洗いをして完成です。検品後、商品として店頭に並びます。



    記念品の
    オープン 吊り下げ名札 NL-5-GN オープン工業 4970115560040(10セット)
    ・ご相談

    承ります。

    »詳細はこちらから

    CATEGORIES


    SHOPPING


    和信ペイント 水性ウレタンニス ローズ 0.7L #941707 ニス、ステイン


    SEIKO SRPA53K1 SEIKO 5 セイコー ファイブ [逆輸入品]

    STIINTAHANDBAL.RO RSS